Case Study 事例紹介

使いやすさを実感してください!

採用管理システムRPM導入事例 株式会社リンクトゥモロー様

RPM

株式会社リンクトゥモロー
人材サービス事業部 募集・採用担当 大西氏

これまでの仕事のやり方を可視化してくれたことで、
職人肌だった自分に新たな気付きをもたらしたRPM。

労働者派遣法が2015年に改正され、昨年10月からいよいよその実行力が伴ったことで、業界としても大きな変化を迎えている派遣業界。人手不足が叫ばれる中、派遣会社は様々な業界を支える人材をより多く、より効率的に送り込めることが重要になります。今回はその労働者派遣事業を行っているリンクトゥモロー社に伺い、このような年こそ進化の年だと公言する大西氏にお話しをお伺いしました。

業務時間を短縮して、必要となる業務へ多くの時間を割くためにRPMを導入

労働者派遣事業を中心に、業務の請負、人材紹介を含めた人材サービスを行っているリンクトゥモロー社は、企業の財産である人材をお客様の立場に立って紹介することを理念として活動している企業。大西氏は同社で募集・採用担当として、求職者の募集から面談、登録までの一連の流れを広く担当されています。大手企業では何百の単位で応募がありますが、同社のような中小企業ではその母数が少ない分、きめ細かい対応をし、一人でも多く働いていただける方を探し出すことに注力しています。

そこで課題となるのが、いかに足を運んでもらい、登録していただくか。大西氏は「うちのような無名の中小ではWebサイトを使って登録していただいても、お互いに顔が見えない状態でもあり、信頼を獲得し、安心して働いていただくところまでは難しいと思います。納得、安心して働いていただく、これには実際に来社していただいてフェイストゥフェイスで信用していただくことが重要です」と語ります。しかしそれにはどうしても労力が掛かるという大西氏。

「データなどの作成や解析といったことは、マクロを組んだり、自動的にできるようなソリューションを入れることができますが、人を相手にする部分はショートカットできる要素が少ない。実際にお会いするなどで評価したり、希望を聞き取ったりする時間がどうしても必要です。それらの時間を削れないとなれば、他の作業時間を短縮する工夫が必要。その時間を短縮するチャレンジとしてRPMでそれが実現できるか挑戦しています」と、必要な業務により多くの時間を割くためにRPMを導入しました。

導入の決め手は、業界に最適化されたシステムと「補助金」

RPMを知ったのは派遣業界をよく知る求人広告会社の営業からの紹介。会社の課題、そして大西氏の課題をきちんと分析した上で紹介されたゼクウ社のRPMは、この業界に特化したクラウド採用管理システム。大西氏によれば、「他の企業からもこうしたソリューションの営業があり、それらが優秀なのもわかりますが、実際に使う人の手足が増えるわけではないので、それらを使ったときに時間が短縮できることが求められます。世の中、スピードと情報が命。そこでそれらのスピードを比較し、採用管理に最適化されたRPMを導入しました」というのが選択理由とのことです。

しかしリンクトゥモロー社がRPMを選んだのにはもう一つ理由があります。それはRPMの説明の際、IT導入補助金を含めて紹介してもらったことです。IT導入補助金は中小企業や小規模事業者が、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を国が補助する仕組み。「IT導入補助金のことはうっすらと知っていましたが、こういったシステムの導入に使えるという考えがありませんでした。しかし実際にRPM導入時に使えると教えていただき、その申請などについてもゼクウ社にアドバイスしていただきました」という大西氏。

RPMの導入は年間で116万円掛かるところ、このIT導入補助金で50万円が補助されたので、初年度は66万円の負担で済んだとのこと。導入すれば業務効率が向上し、従業員の働き方を変えられるとわかっているが、その導入費用でためらっている企業は、このような補助金の活用を検討するとよいのではないか

RPMによって自分の仕事を可視化することで仕事の方法が変わる

12月後半にRPMを導入し、活用し始めたリンクトゥモロー社。実稼働はまだ2ヵ月だが、早速効果として実感できる部分があるという。「RPMの導入でわずらわしい業務がなくなって、必要なところに時間を配分できるようになった」とコメント。Webサイトへのアクセスからの応募に対して素早くアプローチできるようになったという。「この募集にはぜひ人材が来てほしい、何とか契約に結び付けたい募集、応募に対してアプローチする時間が増えました。そうした点で楽になっている分、前向きなアプローチができるようになったというのも大きい」と、時間配分の変化についての効果があるといいます。

「自分は職人」という大西氏は応募者へのアプローチについても自分なりの基準をもってあたっていたといいます。しかし、職人としてこだわりすぎて、納期ギリギリまでかけてもここまでやろう、双方の理解を掘り下げようといったこだわりがあり、そのこだわりから事細かく対応していたそうです。しかし、その基準は自分の中にあり、スコアなどによるものではないため不明瞭でした。それがRPMを導入することで変化。

大西氏は「RPMを使うようになってもっとも大きな変化は、自分の仕事が可視化されていることです」といい、「これまで自分基準でアプローチして時間が掛かっていた部分を、RPMという一般的な基準を使って測ることで、応募者を取り込める、取り込めないという判断をしてあきらめることができるようになりました。もちろん、こだわりという点ではこれまでと同じです。しかし、アプローチする人の絞り込みがより早くなって、より的確にアプローチできる。これはほんとに大きな変化です」と語りました。

そして「RPMで自分が変われたということは、10人の部署だったら10人が変わることができるかも知れない。それは仕事のやり方が変わるということです」とその効果が波及する影響についてもコメントしました。

外からの声を活用して気付きを与えてくれるRPM

12月後半にRPMを導入し、活用し始めたリンクトゥモロー社。実稼働はまだ2ヵ月だが、早速効果として実感できる部分があるという。「RPMの導入でわずらわしい業務がなくなって、必要なところに時間を配分できるようになった」とコメント。Webサイトへのアクセスからの応募に対して素早くアプローチできるようになったという。「この募集にはぜひ人材が来てほしい、何とか契約に結び付けたい募集、応募に対してアプローチする時間が増えました。そうした点で楽になっている分、前向きなアプローチができるようになったというのも大きい」と、時間配分の変化についての効果があるといいます。

「来社の予約をいただいても、風が吹いたら遅刻、雨が降ったらキャンセル、何ていうことも多い」という大西氏。そうした派遣業界の声を反映してRPMに天気予報がついているのはとてもいいと語る大西氏がゼクウ社に望むこととして挙げたのはITコンサルティング的な立ち位置。

「業界に特化してのアイデアやアドバイスをいただけるのがいいし、かゆいところに手が届くようなアイデアを拾ってくれるのも助かります。それに加え、IT業界としてのノウハウやアイデア、そしてデータのまとめ方で、気付きを与えてくれるのがいいですね」とコメントされた後、「今回、自分の仕事の可視化という結果が得られたのは、思っていなかった効果。自分基準ではなく、業界の標準的な方向性、基準がわかるのもいい」と評価します。

その上で大西氏は最後に「小さな会社では自分だけで思い詰めてしまう部分があって、初めからこうでないかという形で進めてしまう部分があるけど、外部からの情報を聞くと、自分はこうしてきたが、他の会社ではこういうアプローチだったという、その差について聞ける。こうした、外部からの意見は補助金並みに活用したい。RPMもそうした機能が充実してくれば、さらに利便性が高まると思います。業界に特化したパートナーとして、さらに期待しています」と語られました。

< BACK 事例一覧に戻る

プライバシーポリシー 

情報セキュリティ基本方針 

ITサービスマネジメント基本方針 

サイトマップ 

©2004- ZEKU CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED